メガネを長く保つためには

メガネの置き方、しまい方

メガネを長持ちさせるには、メガネケースを適切に使うことが重要です。ケースを使わずにそのままポケットに入れたりして持ち歩いていると、型が崩れる原因になり得ます。ケースにしまう時は、レンズに傷がつかないようにメガネクロスで包むといいでしょう。なお、防虫剤などの薬品と一緒にしまっておくと変色や変質の原因になり得るため注意が必要です。また、プラスチックレンズの場合熱に弱いため、夏の車内など高温になる場所に置きっぱなしにすると傷んでしまうことがあります。メガネをちょっと置く際に、何の気なしにかける時と同じく上部を上に向けている方は多いです。しかし、重心が不安定になり倒れやすいため、できれば下部を上向きにして置くといいでしょう。

メガネのお手入れ方法

メガネを快適に使い続けるには、レンズのお手入れが必要不可欠です。埃が付着した状態で乾拭きをしようとするとレンズに傷が付く恐れがあるため、水洗いをし、ティッシュペーパーなどで水気を拭き取った後に専用のレンズ拭きを使いましょう。なお、レンズを洗う際にお湯を使うことは厳禁です。特に熱に弱いプラスチックレンズの場合注意が必要です。水だけでは皮脂などの汚れが落ちない時は洗剤を使っても構いませんが、酸性やアルカリ性の洗剤だと表面のコート膜がダメージを負ってしまうため中性洗剤を使ってください。ドラッグストアなどではメガネ用の洗剤も販売されています。べっ甲やウッドフレームなど洗剤での洗浄が適さない素材のメガネもあるため、購入したお店で確認するといいでしょう。

© Copyright Glasses Are Easier. All Rights Reserved.