正しいフレーム選び

顔への負担がかからない物を選ぶのが正解

メガネはその性質上、常に顔に密着させて使います。フレームの良し悪しがかけ心地に影響するので注意する必要があります。メガネを選ぶ際はフレームの材質を考慮し、顔に負担がかからない物を選ぶのが重要なポイントです。メガネはわずかでもサイズが合わないと顔を締め付けたり、逆にずれてしまうことがあるので丁度良いサイズの物を選ぶことが大切です。特に金属製のフレームは着脱の際に変形しやすいので注意します。メガネのフレームは材質によって販売価格が大きく異なりますが、価格の高さは必ずしもかけ心地の良さに比例しません。安価な製品でも具合の良い物に巡り合うケースもあることから、必ず自分の顔にかけて触感を確認するのが長く使い続けるための心得になります。

メガネは用途別に使い分けるのも工夫の一つ

メガネは視力矯正の道具であると共にファッションアイテムとしての側面もあります。また、同じメガネでもフレームのデザインで周りに与える印象は大きく変わります。そのため、状況に応じて最適なメガネを使い分けるのが社会的なマナーです。メガネのフレームを使い分ける場合、ビジネス用とプライベート用の二つをそろえておくのが上手な扱い方になります。また、プライベート用のメガネはさらに家庭用やアウトドア用など細かく分けることが出来ます。しかし、視力矯正用のメガネは実用品でもあるので耐久性も併せて考慮することが大切です。特に屋外で使用するメガネはゆがみや破損が起きないように、頑丈な材質の物を選ぶのが快適に使うための工夫になります。

© Copyright Glasses Are Easier. All Rights Reserved.