似合わないフレームとは

顔に合わないフレームは避けよう

なんとなくメガネをかけているだけでは、どれが自分に合うフレームなのかは分かりません。合っていないというフレームは、黒目が真ん中に来ていないということがまず挙げられます。じっくり鏡を見てかけた様子を見ると分かってくるのですが、目が上フレームに付き添うになっているときには頼りなさそうに見えますし、だからと言って下の位置過ぎても違和感が出ます。左右の端に寄っていると離れ目に見えてしまいますし、真ん中に近いと今度は寄り目とがらりと印象が変わってきます。きちんと鏡を見て合わせてみて、黒目の位置を確かめてみて下さい。あまり合うようなフレームが見つからない場合には、お店のスタッフにも相談することをおすすめします。

全体のバランスを考える

メガネのフレームのバランスとしては、横幅は顔の幅と大体同じぐらいになるようにしましょう。そして顔のタイプ自体も丸や三角などがありますが、丸顔であれば少しきりっとした印象のあるスクエアタイプ、三角顔であればほっそりしたオーバルタイプ、かっちりした四角顔であればしっかりしたオーバルタイプ、やや面長の方であればウェリントンタイプなどがおすすめです。もちろん個人の好みがあるので絶対ではありませんから、気に入ったフレームと合うフレームとはどんなものかたくさんかけて見ましょう。実際にかけて見ると雰囲気の違いも分かりますので、お店で試してみて下さい。自分に合うメガネが見つかると、おしゃれももっと楽しくなります。

© Copyright Glasses Are Easier. All Rights Reserved.